前へ
次へ

訴訟費用は敗訴した人が支払う仕組み

法的なトラブルが発生したとき、素人同士ではなかなか解決が難しい時があります。
まずは弁護士などの法律の専門家に相談をして、さらに法的な手続きとして裁判を行うこともあります。
いきなり裁判になるわけではなく、調停などを経たうえで裁判になることがあります。
どちらにしてもそれなりにお金がかかります。
民事訴訟において裁判を起こしたとき、結果として勝訴、敗訴が決まります。
その時には敗訴した人が訴訟費用を支払う決まりになっています。
これを聞くと、勝つ自信のある裁判であればどんどん起こせばいいように感じるでしょう。
この時の訴訟費用の内容を知っておく必要があるでしょう。
敗訴側が負担するのは、裁判にかかった印紙代、郵便代、旅費代、などになります。
弁護士費用などは訴訟費用に含まれません。
おそらく弁護士費用が訴訟をするときにかなりかかるので、この部分を負担してもらえないとあまり意味はなさそうです。
裁判には勝ったが裁判の費用はかなりかかるなどはよくあります。

Page Top