前へ
次へ

法律と言うのはどんな意味であるのか

法律というのは、重要なのは実質的意味と形式的意味、という区別があることになっています。
色々と意味があるのですが、前者としてあるのが、国民の権利義務に関する一般的法規範というものであり、これが法規であり、大抵の場合、これを示すことが多いです。
後者としては、近代諸国において議会によって制定されるものであり、公布という形で告示される国法形式を意味するとされています。
色々と小難しいことを言うことになりますが、要するに一般的に日本国民が法律と思って意識している国会で制定しているもの、ということでよいでしょう。
知らなかったから許される、ということではありませんからしっかりと知っておいたほうがよいでしょう。
法律における重要なポイントというのは、知っている上でしっかりと守るということになります。
そうしないと基本的には違法になってしまうということになります。
法律は色々と学べる機会が少ないので自力でどうにかしましょう。

Page Top