前へ
次へ

賃貸住宅に関係する法律について

自身の持ち家ではなくて一軒家やアパートを借りる際には、法律面で知っておいたほうが良い事柄は多くなってきます。
設備が故障した際には誰が修理すべきなのかや、契約の途中破棄はできるのかなど、知らないとトラブルになったり悩みのタネになってしまうケースもあるはずです。
上手に家や部屋を借りるには、民法の賃貸借に関する規定と、借地借家法についてはある程度の知識がある方が、スムースに契約して退去後のストレスも少なくなるはずです。
まず建物賃貸借で多いのが原状回復に関するトラブルでしょう。
部屋を使用中に不注意で傷をつけてしまった、と言うような場合に、傷の規模からすると高額な原状回復費用を求められるケースが少なくありません。
このような場合は実際には、人が生活する以上で避けられないような損傷や劣化については、原状回復費用は支払う必要はないです。
また、壁紙の一部が汚れて貼り替える際にも、全部の貼替え費用を負担する必要もありません。
他にトラブルの多い入居中でのいきなりの契約打ち切りなども、基本的にはできない決まりとなっています。
このような決まりごとは幾つかあるので、予め目を通しておいたほうが良いでしょう。

Page Top